夢や願望を分析し掘り下げると、

「すること ( D o ) 」

「所有すること ( H a v e ) 」

「であること ( B e ) 」

何が欲しいかより、どうありたいかを考えると自分の深い欲求に気づく。